« よこやま通信 NO.204 | トップページ | よこやま通信 NO.206 »

2023年7月18日 (火)

よこやま通信 NO.205

Tsuki_title07 

 

 

 

Necchuusyou_taoreru_girl 副医院長の玲です。

歯医者の予約制についてお話させて頂きます。

Hospital_uketsuke

昔は、予約制ではなく、歯が痛くなったら予約なしでも治療していました。ですのでその場で待つことはあったかもしれませんが、行きたいと思った時に行ける良さがありました。しかし現在はほとんどの歯医者は予約です。このようなシステムに変った背景には、歯科疾患の特徴が関係しています。その代表疾患に虫歯と歯周病がありますが、以前はこれらの疾患を予防する手段がわかっておらず、そのため歯科では「痛みが出たら治す」「詰め物が取れたらやり直す」という対応がとられていました。

しかし医学の発展に伴って、虫歯や歯周病は予防できること、その手段も分かってきました。それにより「痛みや不具合が出ないように予防する」「質の高い治療で長く持たせる」という考え方や対応に変っていったのです。

Medical_byouin_machiaishitsu_mask

となると病気にならないために、歯科衛生士による指導やお口の環境を整える治療が中心になります。

ですので歯医者側は、必要な時間を確保し、計画的に治療を進めていきます。「痛い」「歯が折れた」といった場合も、応急処置のあとは治療計画を立てて対応していきます。

Doctor_haisya_shikaeisei

予約制によって、より患者さんのお口の健康を守れるようになっているのです。予約制であれば、患者さんをお待たせする事も少ないですし、患者さんも予定が立てやすくなるでしょう。「今日は麻酔をしてもらう」「歯ぐきの検査と歯みがきの指導をしてもらう」などと、処置に対応させる心の準備もできます。

一方、歯医者にもメリットがあります。予約時間を確保できるため、治療計画にそって進めていくことができますし、個々の患者さんに合わせた準備ができます。また、所要時間は治療内容に合わせて設定するため、焦ることなく治療に専念できます。歯の切削や型取りなどの歯科治療は、繊細な作業が求められます。時間があるというのは、精度の高い治療の提供に繋がります

 

人生100年時代と言われています。歯医者の予約システムは、長期的視点でお口の健康を守るためのシステムととらえていただけると幸いです。

Iryou_jujisya_jimu

EPARK または TEL 086-222-5649

 

 

 

« よこやま通信 NO.204 | トップページ | よこやま通信 NO.206 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よこやま通信 NO.204 | トップページ | よこやま通信 NO.206 »

無料ブログはココログ