« よこやま通信 NO.155 | トップページ | よこやま通信 No.157 »

2019年6月10日 (月)

よこやま通信 No.156

小児のムシ歯と栄養

 

定期的に歯科検診に通っているのに、隣り合う歯にムシ歯ができてしまった…⚡⚡⚡


そんな時は日頃のセルフケア、フッ化物配合の歯磨剤の使用法と歯磨き仕上げ歯磨きデンタルフロスの使用、そして食生活に気を付けてみましょう。

 お子様の食事前のお菓子とおやつの位置づけを確認してみましょう。”おやつ=お菓子”というイメージが強いかもしれませんが、お菓子は本来3度の食事で摂ることのできない栄養素を補う食事です。子どもは大人と比べると体重1kgあたり…エネルギーは倍、タンパク質は約1.5倍、鉄・カルシウムは2~3倍摂らなくてはいけません。

 

  Img20190608_17375224

(画像をクリックすると大きく表示されます)

 

つまり、身体が小さいからといって単純に大人の半量を与えればいいというわけではありません。健全な発育を促すためにも十分な栄養素は必要不可欠です。

 タンパク質やカルシウムを多く含む小魚やヨーグルト、ゆで卵などがおやつや夕食前のお菓子にお勧めです☀

Img20190608_173824632   

Img20190608_173824634

 

<注意>

・6~7歳の1日の塩分目標量は5.0~5.5gです。大人用の食べ物では塩分を摂りすぎてしまうこともあるので与える量に注意しましょう。

・アレルギーのある子どももいるので、その子に合わせた提案をしましょう。

・窒息事故が起こらないよう注意しましょう。

 

Img20190608_173824633

 

 

« よこやま通信 NO.155 | トップページ | よこやま通信 No.157 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よこやま通信 NO.155 | トップページ | よこやま通信 No.157 »

無料ブログはココログ