« よこやま通信 No149 | トップページ | よこやま通信NO.151 »

2018年12月10日 (月)

よこやま通信 No.150

師走ですねsign03dashdash

皆様お変わりありませんでしょうか?
矯正担当の暁ですhappy02
 最近は、買い物presentなどに出かけると割引などで時間を取られ、日が沈むのも早くなったため
気忙しい感じになっています。
イライラせずに年末年始を過ごしたいものですね。fuji
さて今回の横山通信は、稀に見かける親知らず以外の埋伏歯について、お話させて頂きます。
 埋伏歯または末萌出歯は上顎の犬歯(糸切り歯)などにもっともよく見られます。
歯が骨の中に埋まっている場合、その歯によってすでに生えているいる健康な歯の
根っこが傷づけられることがあります。
また、歯が生えてこないまま放っておくと、
その歯が本来生える場所の両隣の歯が倒れこみ、
生えてくる場所がなくなったり、かみ合わせが悪くなったりします。
このような場合、埋まっている歯に矯正装置をつけて、適切な位置まで引っ張り出します。また、歯が適切な時期に生えないため生じる、歯の生える隙間の不足や噛み合わせが悪くなったりする問題についても並行して治療します。
diamond末萌出歯の治療には次のthreeつの手順が含まれます。
one外科的開窓
two埋伏歯にアッタチメントを取り付ける
three埋伏歯周囲の歯の矯正装置から埋伏歯を歯列へ誘導
 
 時には、外科的開窓のみで歯の萌出を阻害する要素が取り除かれ、
歯が正しい位置にうまく生えることもあります。
しかし、このようなことは、歯の根の形成が完成したあとには、めったに起こりません。
このような場合、矯正力をかけて歯を牽引する必要があります。
多くの場合、歯にアタッチメントを接着した後で、そこにゴムのチェーンを装着して牽引します。
理想的には外科的開窓をする前に、固定式装置を装着しておき、矯正力がただちにくわえられるようにします。
つまり、末萌出の歯を萌出させるためのスペースを確保して、
末萌出歯以外の歯を固定するという矯正歯科治療を、外科的開窓の前に行う必要があります。
できれば10代や若い年齢で、このような手術をやっておくほうが歯や歯肉、歯を支えている骨などの回復が多く得られると思います。
 小さいうちから歯医者にかかって、レントゲンなどを取らせてもらっていると、早めに分かることもあります。
danger一歯のみ生えてこない場合は、一度確認された方がいいかと思います。
わからないことがあれば、気軽にスタッフに声をかけてみて下さいhappy02

« よこやま通信 No149 | トップページ | よこやま通信NO.151 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100317/74746928

この記事へのトラックバック一覧です: よこやま通信 No.150:

« よこやま通信 No149 | トップページ | よこやま通信NO.151 »

無料ブログはココログ