« よこやま通信 No.148 | トップページ | よこやま通信 No.150 »

2018年11月14日 (水)

よこやま通信 No149

 『蓄膿症』とも呼ばれる副鼻腔炎。

「ただの鼻炎」と、あまり深刻に考えていない人も多いですが、実は生活の質を左右したり、健康を損なうおそれもあるやっかいな病気です。                             鼻詰まり、原因不明の顔や頭、歯の痛みがある人は要注意sign03  鼻からきている不調かもしれません。

  この症状が出たら副鼻腔炎の恐れアリsign01

□ においがしない    □ 味が感じられない    □ 咳が止まらない    □ 呼吸が苦しい    □ 奥歯が痛い    □ 頭が痛い、重い    □ 鼻が詰まる    □ 耳の中が痛い    □ 色のついた粘り気のある鼻水が出る

 副鼻腔炎になると、耳と鼻をつなぐ管も腫れてふさがり、耳の奥の気圧が上がってしまうために、ちょうど目の奥や鼻の奥に痛みが出ることが多いのです。また、副鼻腔の中のひとつは上あごの上あたりに位置しているため炎症が歯の根元にも及んで歯痛が出る場合も。このように痛みが鼻以外の場所に出ると、原因が鼻にあるということがわからなくて不安になってしまうこともおおいようです。

●急性副鼻腔炎                                           

多くは鼻からくる風邪が原因。鼻から入ったウィルスや病原菌が副鼻腔まで及び、副鼻腔の粘膜に炎症が発生。鼻水や鼻詰まり、目の奥の痛みやうずきなどの症状に。副鼻腔内の粘膜の繊毛の働きが低下し病原体を外に排出する力が弱くなるために、炎症によって出た鼻水や膿も副鼻腔の中にたまり続けることに。

                      ↓  長びいたり 繰り返すと

●慢性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎を放置して長引かせることで起こる。ウィルスや病原菌、たまった鼻水や膿を外に排出できなくなった副鼻腔の中は、粘膜が荒れ放題。炎症の悪循環が起き、さらに粘膜を破壊して慢性化。重症化すると副鼻腔内にカビが発生し、周囲の骨を溶かして変形させてしまうことも。鼻以外の器官や体調に不調が出ることも多く、一刻も早く治療を。

                      ↓  症状が重く長期化すると

慢性的な疲れ

臭いを感じなくなる

集中力の低下

視力の低下      などが起こります

     《12月の日曜診療》                   

 12月9日   16日                                 

« よこやま通信 No.148 | トップページ | よこやま通信 No.150 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100317/74597582

この記事へのトラックバック一覧です: よこやま通信 No149:

« よこやま通信 No.148 | トップページ | よこやま通信 No.150 »

無料ブログはココログ