« よこやま通信 No.144 | トップページ | よこやま通信No.146 »

2018年7月11日 (水)

よこやま通信 No.145

皆さんこんにちはhappy01

今回は歯周病について

≪歯周病検査の必要性≫

ポケットはなぜ深いといけないのか、また歯肉から出血するとなぜいけないのか

を、お話ししたいと思いますconfident

ポケットについて

歯周病検査をしてポケットの深さを知り、深さが3㎜以内だと通常範囲内

4㎜以上だと深く歯周病のリスクが高いといえます

歯周病ポケットが深いと歯周病リスクが高まるsign03

ポケットが3㎜以下の場合、歯周病ポケットが悪くならない可能性が99%なので悪化しない可能性が高いといえます

比べて7㎜以上の場合だと、細菌数が増えていきやすく、歯周病のリスクが6倍も高くなることが報告されています

また、歯石も深いところについてしまうと通常のお掃除ではとりきれませんcoldsweats02

SRPを行う必要があります。SRPを行っても6㎜以上になると歯石への器具の到達が難しく歯周病専門医でも20%の歯石が残存するといわれています

治療の効果が出にくいため歯周病リスクが高いと言えますwobbly

出血について

歯周病検査時の出血はポケット内に炎症性細胞が広がり、浸潤し歯肉より中にプラークが残存することを意味します

出血が全体の16%以上になるとアタッチメンロスを起こし、歯周病細菌の一種であるP,gは血中のヘモグロビンにより増殖することがわかっています

定期的なお掃除で歯周病を予防しましょうsun

~お知らせ~

8月より隔週で日曜日の午前中診療を始めますsmile

« よこやま通信 No.144 | トップページ | よこやま通信No.146 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100317/73840824

この記事へのトラックバック一覧です: よこやま通信 No.145:

« よこやま通信 No.144 | トップページ | よこやま通信No.146 »

無料ブログはココログ