« よこやま通信 No.133 | トップページ | よこやま通信 No.135 »

2017年8月22日 (火)

よこやま通信 No.134

残暑厳しい折、皆様お変わりありませんでしょうか。
矯正担当の暁です(o^-^o)
最近、悪い天候や猛暑などが続き、子供達は家で遊ぶことが多かったのですが、
うらじゃでなんとか外に出て楽しんで楽しんできたようですsun
僕は現在11ヶ月の子供の面倒を理由に花火大会と踊りにはいきませんでした。

日曜日の昼に買い物で街を通ると、ものすごい人の数でしたsign03
一年に一度のお祭りなので、岡山にもこんなに人が集まるんだなと毎年思います
大盛況で何よりですhappy01

さて、今回の横山通信は矯正治療の開始時期についてお話させていただきますshine
よく子供の矯正治療は何歳から始めればいいかとの質問がよくありますが
大体の目安をお伝えしておきますhappy02

①成人矯正は、すべての永久歯が放出していれば、ほぼいつでも開始できますwink
②小児矯正は、上下の前歯4本ずつ生えたくらいが開始時期になります。だいたい、7~9歳くらいでしょうか。
小学生高学年になると残っている乳歯が動いてくるので使用できる装置が限られてきます。相談などはなるべく低学年のうちにしておきましょうshine
③最近、3歳児から始められるプレート矯正装置などがありますが、
お子様の睡眠時に使用するものが多く、毎日使えなければ装置の効果はあまりありませんshock
不正咬合を指摘され、早く治してあげたいという気持ちはわかりますが
子供の生活環境や行動をよく考えていただいて相談してみて下さいhappy01

症例によっては、すぐに開始したほうがいいものや数か月から一年くらい待ったほうがいいようなものもあります
気になったらとりあえず相談だけは受けといたほうがいいと思いますhappy02

« よこやま通信 No.133 | トップページ | よこやま通信 No.135 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100317/71492782

この記事へのトラックバック一覧です: よこやま通信 No.134:

« よこやま通信 No.133 | トップページ | よこやま通信 No.135 »