« よこやま通信 No.130 | トップページ | よこやま通信 No.132 »

2017年5月26日 (金)

よこやま通信 No.131

皆さん こんにちは(。・ω・)sun

 
 
今回はthunder腰痛thunderについてお話したいと思います!
 
『腰痛は立っているより、座っている方がなりやすい』
 
とお聞きになったことありますか? 
 
腰に負担がかからない姿勢は、耳から骨盤、足首までを一直線に保つこと
 
座った状態ではこの姿勢を保つのは困難 typhoon
 
座り仕事の人が腰痛になりやすいのはこのためですsad 
 
猫背の姿勢だと血流が滞って筋肉が縮こまり、 
 
疲労物質が溜まって痛みの原因に。 
 
筋肉や筋膜を適度に動かし、血流を良くすること改善します。 
 
また、骨粗しょう症も腰痛の一因。 
 
骨を強くすることも大切です 
 
 
impactぎっくり腰と腰痛thunderの違いは? 
 
 
thunder腰痛thunder慢性的な腰の痛みだけど、impactぎっくり腰impactは腰に急な負担がかかり 
 
肩から骨盤までを覆う 広背筋 の筋肉や筋膜が断裂すること 
 
急激な痛みを感じ、その痛みで体が危険を察知し動けなくなります…(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
 
 
それでもなってしまったら…… 
 
search「ぎっくり腰」緊急対応マニュアルpencil 
 
 
「ぎっくり腰」は、広背筋の筋肉や筋膜の損傷なので 
 
ぎくっときたら まずは動かないことが鉄則 sign03
 
筋肉や筋膜に傷がついた状態なので、揺らしたりねじったりしないこと 
 
動けば損傷部分が刺激されて痛みが強くなりますcoldsweats02 
 
また、強烈な痛みを感じると、人間の体は自律神経の働きで脱力してしまいます 
 
急に倒れてしまわないよう、横になれない場合も壁に寄り掛かるなど 
 
dangerその場でできるだけ安静な姿勢をとりましょうdanger 
 
痛みが落ち着くまではできるだけ横になって 
 
炎症がひどい場合は、2~3日は冷やすと緩和します 
 
損傷が修復するまで1ヵ月は安静にすべきですが 
 
仕事などで動かなければならない場合は、コルセットでしっかりと固定すると 
 
回復しやすくなります 
 
腰回りの痛みだけでなく、脚のしびれを感じる場合は 
 
椎間板ヘルニアの可能性もあるので受診をしましょう 
 
 
spadeなったときの3大原則spade
 
one動かない(揺らす・ねじる・反らすは厳禁) 
two直後は冷やし、落ち着いたら温める 
three横になる 
 
 
club正しい応急手当の手順club
 
ぎっくり腰 
  ↓
  ↓( 直後 ) 
  ↓
 冷やす ・・・・・・足が痛むしびれる場合 → 整形外科で受診をhospital
  ↓ 
  ↓( 2~3日 )               
  ↓
 温める ・・・・・・痛みが強くなる場合 → 整形外科で受診をhospital
  ↓
  ↓( 1~2週間 )
  ↓
 治るヽ(´▽`)/
 

« よこやま通信 No.130 | トップページ | よこやま通信 No.132 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100317/70571265

この記事へのトラックバック一覧です: よこやま通信 No.131:

« よこやま通信 No.130 | トップページ | よこやま通信 No.132 »

無料ブログはココログ