« よこやま通信 No.122 | トップページ | よこやま通信 No.124 »

2016年9月17日 (土)

よこやま通信 No.123

皆さん、こんにちはsun

今回は唾液と口腔乾燥症についてお話したいと思いますsign01
唾液は血液からできているため、血液が流れにくく血流が少ない状態になると
口腔乾燥症が生じることになります。唾液の分泌は疾患や薬剤により血流が
阻害されることでも低下しますbearing
 
口腔乾燥症が生じる原因として大きく分けると、
club唾液の疾患によるもの club全身疾患によるもの
club薬によるもの club頭頚部放射線療法によるもの
clubストレスによるもの があります。
 
 
通常、飲食物の摂取中、および直後は唾液分泌速度が速くなることで
口腔内が洗浄され食べ物の粒子が除かれます。反対に唾液腺機能が
低下すると食べ物の粒子が特に歯の隣接面と義歯表面に残りやすくなりますwobbly
 
唾液が出にくくなることによって唾液の性質である自浄作用や抗菌作用等が
低下し、むし歯や歯周病が進行していきますsweat01また、唾液分泌の低下により
口腔内粘膜、疼痛、カンジダ症を引き起こしますshock
 
 
カンジダ症は両側性口角炎や舌乳頭の委縮(舌の表面がツルツルになる)が
みられ、抗真菌薬で治療しますflair治療したあとも再発しやすいので、保湿と
適切なケアが必要になります。また、入れ歯を使用の方は入れ歯がカンジダ菌の
温床となり得ますので義歯ブラシや義歯洗浄剤の使用による汚れの除去が必要ですsign01
 
唾液は入れ歯のあいにも重要です。
唾液腺マッサージや舌運動、保湿剤の使用により改善することもありますeye

« よこやま通信 No.122 | トップページ | よこやま通信 No.124 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100317/67537602

この記事へのトラックバック一覧です: よこやま通信 No.123:

« よこやま通信 No.122 | トップページ | よこやま通信 No.124 »